Original

ランニングやマラソン後になぜ肩こりがおこるのか?原因と解決方法は?

ランナーさんの中には「普段肩こりを感じないけど、フルマラソンとか、20~30㎞走ると肩が痛くなったり、だるくなるんです」という方が結構な頻度で見受けられます。


ランニングやマラソン後の肩こりの原因は?

ランニングやマラソン後の肩こりは、色々な原因が考えられます。


・走っている姿勢の悪さ

・肩がすくんでいる(いかり肩とも言います)

・肩甲骨を動かす筋肉が硬く、腕をスムーズに振れていない

・呼吸が辛くなり、肩で息を吸っている。

などがあります。


それぞれの原因が組み合わさっていることがほとんどですが、一番のポイントは肩甲骨の筋肉です。


肩甲骨は、人体のなかでも極めて稀な骨です。

周り全てが筋肉で覆われており、骨制の制動をほとんど受けず、可動域も広いです。

その広い可動域をつくっているのが筋肉です。


つまり肩甲骨を動かす筋肉が硬くなり、血流が滞り、酸素不足となり走っている時に症状がでやすくなります。


ランニングやマラソン後の肩こりの解決方法は?

ランニングやマラソン後の肩こりでお困りでしたら、なかざわ鍼灸整骨院にお任せください!

なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は、肩甲骨に付着する筋肉を徹底的に柔らかくし、長距離ランに耐えうる筋肉に変えていきます。

・肩甲挙筋

・僧帽筋横部

・菱形筋

・前鋸筋

・三角筋

・肩甲下筋

・・・

などあらゆる筋肉に対して施術していきます。


これらは筋肉同士の筋連結や筋膜同士でも連結していますので、全体的に施術することで効果が格段にあがります。


肩甲骨の筋肉に対するストレッチや動作指導もあわせていきます。

ストレッチポールをお持ちの方には、副院長の辻がセルフケアに使えるエクササイズも指導します。


なかざわ鍼灸整骨院の施術方法は、肩甲骨周囲の筋肉を柔らかくし、血流を良くすることで、肩甲骨がスムーズに動き、腕が振りやすい状態に致します。

ランナーの方が、早期回復し、ランニングを気持ちよくしてもらえるようサポートさせて頂きます。


ランニングやマラソン後の肩こりのことなら京田辺市(松井山手)のなかざわ鍼灸整骨院

副院長 辻 大稀(柔道整復師)


お気軽にご相談・ご予約くださいませ!

0774-29-6293

月・火・木・金 9:00~21:30

水 12:00~21:30

土・祝 9:00~17:00

※日曜日は休診です。






腰痛 テニス選手

2018-10-05 13:08